ブログ

IMG_1204
2016年12月27日

ギックリ腰体験しちゃいました❗️

  皆様お久しぶりです。 先日かねてより参加予約しておりました「三浦誠3Weyペインキラーテクニック」の講習会に行ってまいりました。 私にとって初めての外部技術講習会でした。 内容は大変有意義で満足のファイナルを迎えるはずだったのですが… 2日目に事件は相次いで起きてしまいました。 第一の事件…座講から実習に移るタイミング、移動しようとしたらなんと立てなかったのです! 腰が伸びない! 無理やり立ち上がるものの一歩踏み出すと激痛!   「まさかギックリ腰?」   そうなんです知らぬ間にギックリ腰になっていたのです。 今まで腰痛の経験はありましたがギックリ腰まではありませんでした。よくお客様から何をしたわけでは無いのですがと伺っておりましたがまさにその通り!   ですが幸いそこは整体師、鍼灸師、柔道整復師の巣窟でしたので何とかお世話になりながら講義を受け認定証を頂いて何とかサロンに帰ってまいりました。   その時すでに第二の事件は起きていたのですが、全く気づかないまま一夜を過ごし、翌朝飲み物を買おうとして愕然! お財布から10000円が抜かれておりました… 狼狽える脳みそに喝を入れて思い出すも「盗難」の二文字が浮かぶのみです。   当たり前の常識ですが貴重品の自己管理を怠ったのです。 講義の部屋にはロッカーなどはなく、皆さんバッグを後部の壁際に置いて受講しておりました。座講はスチール椅子と施術ベッドを机がわりにして受けます。資料も多く財布を置くスペースがないのでバッグの奥に押し込み受講しました。   気掛かりではあったものの初日が無事に過ぎていったので油断もありました。 ギックリ腰以降バッグの開け閉めも満足に出来ない私は席のそばにバッグを移動してもらい資料の出し入れまで同じグループの先生にお願いしていたのでファスナーを開けたままその上に資料を置いておりました。   鴨がネギを背負って調味料を持って立っているようなものですよね。 でも何故10000円だけと思われますよね?   実は怪しいなと踏んだ(事後)人物が唐突にどこまで帰るのか尋ねて来ました。 今思うと何処から来たのではなく帰るのと聞いて来たのです! 違和感はあったものの横浜と答えました。 私はなんと鍋まで用意した様です。   その人物はその日になって急に早退しました。 確かに講義内容は早めに終わり質疑応答になってはおりましたし遠方からの参加者は予め早退を申し出てはおりましたが…   ショックでした。施術家が窃盗… 悲しい事ですがその人物はギックリ腰になった私に親切に講義そっちのけで施術してくれたり優しい言葉も掛けてくれたのです。   施術代、そうだ私は施術代を支払ったんだと思うことにしました。 元同僚には治らない施術に1万はないなと言われましたが… 気にしない気にしない気にしない…   でも、でも、でも急性の腰痛のテクニックを身を持って確立出来たし特別受講費!   でも自分で考えたんでしょ? と元同僚。   二の句が継げなかった私… どなたか切り返す言葉をご教授お願い致します。 出来れば無料で(笑)    …