横浜 頭痛治療院

皆様こんばんは〜

ヘレマウ院長の伊藤です!

今夜は我慢していた感情が爆発して怒る

ストレス性の頭痛の対処法について

考えて見たいと思います。

 

ローマ時代、疼痛は感覚のカテゴリーには属して

いなかったというお話を以前したのを覚えて

いらっしゃいますか?

 

情動のカテゴリーに分類されていたのでしたよね!

痛点の発見から感覚に分類された疼痛ですが、

頭痛に関しては情動と捉えた方が腑に落ちる側面が

多いように感じています。

 

あの時痛かったという経験があったとします。

そうするとあの時と似たような経験をすると頭痛が

起こるのです!

 

例えば尾骶骨を強かに打った刺激が脊髄を介して頭痛が

起こった方は垂直に上がる刺激…歩行時のかかとの衝撃

でも頭痛になります。

 

思い当たる方は靴のかかと部分に耐震対策のジェルシートを

貼って見て下さい。

歩行時の衝撃が緩和されて頭痛が起こりにくくなります。

特に頻繁に頭痛が起こる方の頭痛トリガーは日常の動作という

可能性が高いので試してみる価値は十分ありますよね?

 

頭痛薬の中には肝臓や腎臓に副作用があるものも少なくないので

服用の頻度を下げる事が重要です。

たとえゼロにならなくても月に服用が10回が8回になるだけでも

長い目で見ると臓器への負担が違います。

 

面白い画像を見つけたので見てください!

06749E9D-5C07-44A9-9229-C451F21364BF

これならセルフケアできますよね!

いわゆるリフレクソロジーなのですが、感情の対応まで

載っています。

頭痛の方には良いなあとぴんときました!

私が初めてオイルトリートメントを教わった先生はハワイに

造詣の深い方でロミロミからスタートされた方でしたので

「肺は悲しみを貯める臓器」だとおっしゃったのを思い出し

ました。

薬指の感情が悲しみ、症状が出る臓器が肺・大腸となっています。

今夜は恩師を思い出しちょっぴりセンチになってしまいました。

 

Plrivate Salon Here Mau

住所 〒221-0834
横浜市神奈川区台町1-4
ライオンズマンション台町第二801号
営業時間
水曜日,金曜日,土曜日
10:00 am – 9:00 pm
11:00am~8:00pm(土)

当店facebookはこちら
http://bit.ly/1TpiyoK